service取扱業務・費用

相続

  • 遺産分割で親族と揉めている。一方的で理不尽な条件を突きつけられている
  • 遺言書に納得がいかない。故人がこのような遺言書を書くはずがない
  • 不動産がある場合の遺産分割をどのようにしたらいいかわからない
  • 法的に有効な遺言書の書き方がわからない
  • 親族の仲がよく,遺言書を書く必要性が見当たらないが,将来何があるか分からないので一応専門家の意見を聞きたい
  • 相続放棄をすべきかどうかわからない

兄弟姉妹といえど,お金が絡む相続問題はトラブルになるケースが少なくありません。お金は大切だし,少しでも多くほしいけど,遺産に関して揉めたくもないですよね。けれど,遺産で揉めたくないからといってトラブル相手の言う通りにしてしまうと財産を1円も受け取れない可能性があります。
遺産について,適正な額を受け取るのは相続人の正当な権利ですので,専門家である我々弁護士の法的なアドバイスを受け,適正な金額を受け取れるようにサポートいたします。

解決までの流れ

ご相談
ご家族やご相談者様のご要望等をお伺いして、ご相談者様に合った処理方針をご提案します。
また、疑問点に対する回答、弁護士費用などの説明も丁寧に行います。
そのうえで、当事務所にご依頼いただくかご検討くださいませ。
ご依頼
相談時にご説明した内容に基づいた委任契約書を作成し、弁護士費用を明記いたします。
親族(相続人)に連絡
交渉等一切について、弁護士が依頼者の方に代わって窓口となります。
遺産分割協議
遺言書がなかったり、遺言書があっても遺産分割の指示がない場合は、相続人全員の協議によって、遺産をどう分けるか協議して決める必要があります。
相続人全員で合意できましたら,遺産分割協議書を作成します。
遺産分割調停・審判
遺産分割協議において話し合いがこじれると,裁判所での調停手続に移行して話し合いを継続します。調停とは,家庭裁判所の調停委員が,相続人同士の意見や主張を聞きながら,相続人全員が合意できるように進める制度です。
遺産分割審判
調停でもまとまらない場合,審判に移行します。
「遺産分割審判」の申立を行い,家庭裁判所の審判で結論を出すことになります。
審判では,裁判官が調停で提出された証拠をもとに,遺産分割を行います。

費用

相談料
1万円(税別)
着手金
0円~20万円(税別)
成功報酬
遺産分割金額の6%~16%